ビフィズス菌

乳酸菌・ビフィズス菌共に乳製品に含まれている善玉菌の一種です。ヨーグルトなどでお馴染みなので名前をご存知の方も多いと思います。
しかし、違いについては知らない方の方が多いと思います。そこで、乳酸菌とビフィズス菌の違いについて説明したいと思います。
・乳酸菌
乳酸菌は、腸内の環境を整える作用のある善玉菌で乳や動物(人も含む)の腸の中に生息しています。不足する事で腸の活動が悪くなり、便秘や下痢などの症状が発生し最悪病気を引き起こす事も考えられます。
・ビフィズス菌
ビフィズス菌は、乳酸菌の1種です。善玉菌の代表格と言ってもいいくらいで、悪玉菌を減退させて腸内の環境を改善する働きがあります。特徴としては、他の乳酸菌とは違い酸素のある環境では生きていけないということです。ただし、死んでしまったからと言って全く効果が無いという事ではありませんので積極的に摂取して頂きたいと思います。最近は品種改良された死に難い性質のビフィズス菌を含んだ商品も販売されています。
続いて効果的な摂取方法についてお知らせしたいと思います。牛乳やヨーグルトを摂取する事で、乳酸菌・ビフィズス菌を体内に取り入れることがかのですが、先ほど説明しました通り、酸素に触れる事で死んでしまう菌があり、腸内で十分な効果を発揮するのは難しいのです。
そこで、最近では、酸素に触れずに胃酸にも耐える事の出来るサプリメントが販売されています。評判も上々で価格も高くないので、腸の調子を上げたいとお考えであれば参考にしてください。