不思議な霧に悩まされる話

人差し指をこめかみに向け版という形頭が吹き飛んだ。
表紙と記録されている信じようと信じまいとダヴィンチコードという小説をご存知の方も多いだろう小説の冒頭に全て真実であると謳っているがしかし所詮小説だ。
この小説が映画化キリスト教とは世界的なネガティブキャンペーンを始めたあの話が真実であることを自ら認めるが如く信じようと信じまいと1955年9月バーモント州ウィンザーのサイモン氏はその朝家の中のあらゆるものの上に身を泣かすにか濃い霧のようなものが付着しているのに驚いた。
彼はそれをスポンジで拭き取る落としたが拭いても拭いてもすぐ汗をかくように湧き出てくる9年間その家に住んでいるがこんなことは初めてだった4日後にこの不思議な現象が消えるまで彼はトレーラー生活を余儀なくされた