墓場に迷い込んだ話

お父さんお母さんを思い出す出来事です母が幼い頃に体験したちょっと不思議な話。
母かっこ70代は東北の田舎の集落の出身で母がまだ幼い頃はかく家に電話がなく母の実家はそこそこ裕福だったため村で唯一の電話がある家だった。
だから誰それさんに電話があると父親に言われて誰それさんを呼びに行くのが子供たちの役目だった。
ある日夜遅くに電話があり少し離れたところに住む医師及び肉用母がいい使った当時はまだ街頭もほとんどなく母はちょうちん片手に石を呼びに行った。
普段知っている道のはずなのに気づいたら墓場に迷い込んでいた当時の墓場は今のように立派な墓石のあるものだけじゃなく貧乏な家では単に土を盛りそこに石を置いて目印にする程度のものもありうっかり焦った