髪のダメージを最小限にするお手入れを紹介

髪がきしんだり絡まって指を通すと引っかかってしまうのは、キューティクルが傷んでいる証拠です。
髪の表面をなめらかにすることで、髪の表面にかかる摩擦力が減り、キューティクルの剥がれによるダメージを最小限にすることができます。
また、髪の流れをコントロールしやすくなり、コーミングの回数を減らすことができます。
場合によっては、髪の毛が絡まないようにするために、髪の毛の空洞を補修するなどの内部ケアが必要になることもあります。
髪の痛みが気になる人は、指通りがよく絡みにくいシャンプーやトリートメントを選ぶのがよいでしょう。
特に、濡れた髪はダメージを受けやすいので、洗髪から乾燥までの間に使用する製品は、きしみや絡まりのない滑らかなものであることが重要です。
数々のシャンプーがありますが、この条件を満たしてくれるのはエメリルシャンプー&トリートメントでしょう。
「これまで使ってたシャンプーは洗ってる時もキシキシしてるなと感じるのですが、エメリルシャンプーは洗い流し後からサラサラとした手触りに。エメリルトリートメントを付けるとさらに滑らか手触りでまとまってくれます。くせ毛の私に合っています。」
エメリルシャンプーは、このような口コミ評価が高い商品なんです。
市販では取り扱いがありませんが、通販ショップの公式サイトはトライアルセットがお手頃価格で購入できますよ。
エメリルシャンプーの販売店についてはこちらのページでご確認ください。
乾かすときにきしみや絡まりが酷い場合は、洗い流さないタイプのトリートメントを薄くつけて、髪をなめらかにしてから乾かすといいでしょう。
キューティクルは、表面をこすってしまうことで剥がれたりします。
キューティクルを保護するためには、できるだけコーミングや指を通す回数を減らすことを意識しましょう。
特に髪が濡れているときはキューティクルが剥がれやすいので要注意です。
手ぐしやコームで髪をとかすときに髪の根元から毛先までサッと指を通すと、毛先に近い場所で大きな力がかかってしまいます。
絡まりやすい髪であればあるほどこの力は強くなってしまい、キューティクルが剥がれやすくなります。
このダメージが日々蓄積されることで、枝毛や切れ毛の原因となり見るからに傷んだ髪となってしまうのです。